初心者の方からプロ志向の方、音大受験を目指す方までの完全個人レッスン音楽教室のDTM[音楽制作]講師紹介です。ウクレレ・ギター・ベース・ピアノ・ボーカル・ドラム・DTM・音大受験対策など。

INSTRUCTOR <DTM>

DTMとはデスクトップミュージックの略。パソコンを使った音楽制作です。楽器が弾けなくても大丈夫!※DAWソフトは「GarageBand(ガレージバンド)/Logic Pro X」を使用します。

DTM科 講師紹介

井原 肇 Hajime Ihara [土曜日]

DTM 井原 肇

DTM、DAWのレッスンということで、個人レッスンならではの特徴を生かしニーズに合ったフレキシブルなレッスンをしていきます。使用するDAWソフトは「GarageBand(ガレージバンド)/Logic Pro X」です。打ち込み制作を中心に、初心者から中級レベルまで習得度に合わせたレッスンをしていきますが、生徒さんによって知りたいことやりたいことはそれぞれ違うと思います。例えば・・・

・気に入ったフレーズをどうやって曲に発展させるか?
・DTM、DAWを使った音楽をライブでどうすれば迫力あるように聴かせられるか?
・いかに映像と音楽をシンクロさせるか?
・DTMでの耳コピーはどうやるか?
・迫力あるビートを作るにはどうするか?
・打ち込みでの手詰まりへの解決策は?
・録音したボーカルをそれらしく聴こえるようにするには?

などなどの疑問を、レッスンを通して解決策を示し、スキルを増やし、最終的にはレッスンを通して自分が納得するようなクオリティで曲を完成させることを目標にサポートいたします。

<プロフィール>

オフィシャルウェブサイト 15歳よりドラムを始め、以降多くのライブを都内でこなす傍ら、2002年以降自らPCを駆使した作曲を身につけ、エレクトロニカ・テクノ・ロックのソロプロジェクト「chinaprove(チャイナプルーヴ)」としての活動を開始。テルミン・ボコーダー・カオスパッド・ギター・ドラムを全て1人で演奏する独自のスタイルを築き上げる。2004年、FMいとう番組「アダルトオリエンテッドラジオ」にてチャイナプルーヴ特集が放送され、スタジオライブとトークで出演。同局の他2番組にも出演。 2012年、iTunesStoreにて、チャイナプルーヴ名義のアルバム「white creation, coincidence black」、2013年にもアルバム「another version of life」が発売される。2015年より、テクノ・プログレッシブ音楽+映像制作・映像シンクロによるLIVE活動を始める。電子音楽と映像のコラボレーション、テクノ&プログレッシブ(≠プログレッシブハウス)とも言うべき独自のスタイルを作る。目にも耳にも人を惹きつけるステージングが注目されている。NHK放送技術研究所エントランスホールBGM、アクアワールド大洗水族館「深海展」BGM等、多数の楽曲提供有り。


カオスパッド・テルミン・ドラム・ギター・ボーカル全て1人だけで演奏するchinaprove 「離脱」


【close up movie 手元撮影】chinaprove / kaoss pad,volca keys,etc


カオスパッド・テルミン・ボコーダー・volga keysマイクロコルグ全て1人で演奏するchinaprove 「Is it safe ?」

↑ PAGE TOP

スマホ用メニューバー